第3回国際ニューヨーク映画祭(International New York Film Festival2017)の長編部門で最優秀長編作品(BEST FEATURE)を受賞

5月12日公開の映画「さらば青春、されど青春。」の主演・大川宏洋が、昨年総合プロデューサー・脚本を務めた映画「君のまなざし」(英題“The World We Live In”)が、第3回国際ニューヨーク映画祭(International New York Film Festival 2017)の長編部門で最優秀長編作品(BEST FEATURE)を受賞しました!(製作総指揮・原案:大川隆法、監督:赤羽博、出演:梅崎快人、水月ゆうこ、大川宏洋)

第3回国際ニューヨーク映画祭では、17部門に全82作品が選出されており、“The World We Live In”は長編部門に選出された8作品の中において、最優秀作品に輝きました。

本映画祭は2015年に設立され、ジャンルを問わず全世界から作品を募集し、商業的な視点に加え、芸術的に価値のある作品にも注目して審査が行われています。

今年の映画祭はProducers Club Theatersにて6月15日・16日に行われ、当作品の上映および授賞式も行われる予定となっています。

また、『WORLD WE LIVE IN 【OFFICIAL TRAILER】』が公開されました。
初公開となりますので、皆様是非ご覧ください。

<International New York Film Festival公式サイト・受賞ページ>
International New York Film Festival公式サイト・受賞ページ

※参考【“Best Feature(長編映画部門)”選出作品】
☆The World We Live In  by Hiroshi Akabane (最優秀賞)
・ANGUISH        by Carlos Ortiz   (銀賞)
・Jill and Bobby      by Sokhan Sar    (優秀賞)
・Zakharych       by Kirill Ulyatovskiy
・Paint Dry        by Sezar Alkassab
・JOE FINDS GRACE   by Anthony Harrison
・Occupants        by Russell Emanuel
・One Buck        by Fabien Dufils      (計8作品)